商品代金5,000円以上ご購入のお客様は送料無料 (1配送につき)

【8×2リブロングホーズ | インタビュー】

イルレガロが大切にしている「素材の良さ」「穿き心地の良さ」を兼ね備えたベーシックな一足、8×2リブロングホーズを素敵なゲストを迎え、その魅力をお届けします。

クラシックメンズウエアに造詣が深く、イルレガロのご愛用者であるY.K. さん。靴下はほとんどロングホーズしか穿かないという彼に靴下選びのこだわりをイルレガロデザイナーの岡部がインタビューしました。

 

Y.K.さん 都内メーカー勤務。趣味:旅行

 

デザイナー:バルデサーリ岡部純子

多摩美術大学テキスタイルデザイン学科卒業。趣味:カリグラフィー

 

INTERVIEW

 

 —岡部 (以下O) : 今日は素敵なネイビーのスーツスタイルですが 、靴下は何を合わせていますか?

 Y.K.さん (以下Y) : ネイビーのリブのホーズです。

 

— O : ロングホーズとは呼ばないでホーズと呼ぶのですね?

 Y : はい、私にとってホーズ (靴下) は ひざ下までの長いタイプが普通で、あえてロングホーズと呼ぶのはピンとこないんです。いわゆるふくらはぎ丈のものは短く感じ、それをショートソックスと呼ぶ方が自然じゃないかなと思っています。

 

— O : いわゆるロングホーズが普通丈で、メンズソックスとしてよく売られているふくらはぎ丈(靴下業界ではクルー丈と呼んでいます)はショート丈というわけですね。面白いです。その表現。今回のインタビューではロングホーズと呼ばせていただいていいですか?(笑)

 Y : はい(笑)

 

— O : ではYさんが良いロングホーズと感じる基準は何でしょうか?

 Y : 今までいくつかのロングホーズを穿きましたが、綿100%の表示のものは足首にたるみが出やすく美しくない。化繊入りは厚みがあり穿き心地が損なわれると感じていました。イルレガロはたるみにくいので美しく、薄いので穿き心地もいい。さらに着圧がちょうどよく、一日中快適に過ごせます。

 

— O : ありがとうございます。イルレガロのこのロングホーズは、素材自体はイタリアから取り寄せた綿100%の糸なのですが、裏側に極細の伸縮性のあるナイロン糸を一緒に編み込んでいるんです。なのでフィット感がよく足に吸い付くような感触なんです。

 Y : フィット感には驚きました。洋服が好きな人には体験してもらいたいですね。

 

— O : お洋服がビシっとキマっていて、足元の靴下がヨレヨレしているのはちょっとがっかりしてしまいます。

 Y : 生地感もちょうどいい薄さなんですよ。

 

— O : 薄さも肝心なんですね?

 Y : 明らかに品が良くなりますし、靴の良さを引き立ててくれます。 薄いと穴が開きやすいと言う人がいますが 、靴が足にあってないことが原因だと思います。

 

— O : 足と靴が擦れているということですか?

 Y : 詳しいことはわかりませんが、擦れたり、どこかにテンションがかかっているのだと思います。実体験として足に合わない靴を穿いていた時は靴下の厚みに関わらず穴が開きやすかったです。靴を足に合わせるようになってからは穴が開くことはなくなりました。私にとって靴下を買い換える理由は穴ではなく、色が抜けてしまうことが原因ですが、イルレガロは色も抜けにくいので経済的に助かります(笑)

 

— O : このイタリアの糸にはマーセライズ加工という特殊な加工がされていて、シルクのような艶やかさが得られ、さらに染色性が向上するので深く美しい色に染まるんです。色が抜けにくいのはその加工も関係しています。

 Y : なるほど。

 — O :ところで今日のスーツはお仕立てしたものですか?

 Y : 8年ほど前に仕立てたスーツです。

 

— O : 男性のスーツスタイルでネイビースーツは基本の基本ともいうべきものだと思いますが、スーツを仕立てる時、一番こだわっているところはなんでしょうか?

 Y : 皺に最も気を付けています。 納期などは何も言いませんが、皺だけは口うるさく言っています(笑) 皺がない=体に合っているということですから、着ていてラクです。 着心地の悪いスーツでは、既製品の何倍ものお金をかけて仕立てる意味がありませんので。

 

— O : なるほど。ベーシックなスタイルだからこそ、そういうこだわりがあるのですね。イルレガロが目指しているところでもあります。何気なく見えるスタイルの中にたくさんの緻密な工夫が施されている。見た目の美しさも重要ですが、着用してみて「あ、これいいな」と思っていただける物を作りたいと思っています。

 Y : この8×2リブロングホーズはネイビーを20足ほど常備しているんですが、他の黒とグレー以外に違うカラーもぜひ展開してほしいです。

 

 — O : 現在ネイビー・黒・グレーの3色展開なのですが、例えばどんなカラーがよろしいですか?

 Y : 茶とバーガンディですね。あとグリーンとか…

 

— O : いいですね。ドレスダウンした時に活躍しそうです。例えばグリーンのソックスの時のコーディネートはどんな感じをイメージされていますか?

 Y : ネイビーのジャケットにグレーのトラウザーズと言う回答は簡単すぎですよね(笑)春夏であれば茶系のリネンスーツやソラーロ、秋冬であればダークグレーのフランネルや茶系のツイードで、どちらも茶のスエード靴に合わせたいです。おっしゃるように ドレスダウンした時、つまり洋服の生地に表情のある物、特にカントリーっぽい物と合わせた時にしっくり来ると思います。

一方で、私はグリーンをネイビーと同じくらい万能だと思っていますので、クリスマスに光沢のあるスーツで合わせたいですね。

 

— O : 素敵ですね。実は9月ごろにカラー展開をしようと計画中です。その中にグリーンも入っていますよ。クリスマスに間に合います!

 Y : そうなんですか!楽しみにしています(笑)

 

8×2リブロングホーズ 20%OFF

8(平編み ):  2(畦編み )のバランスは適度な縦ラインの陰影を醸し出すベーシックな編み方です。

4/6〜4/30の期間、20%OFFの特別価格にてご紹介いたします!

この機会に8×2リブロングホーズをお試しください。

前の記事
次の記事
閉じる

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

More info

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

Search

ショッピングカート

カート内に商品がありません。
ストアをみる
Japanese
Japanese